トラックドライバーと一言で言っても、トラックの大きさ、運ぶ荷物の内容、資格取得の有無によって、その仕事内容は様々です。

大型、中型トラックのドライバーは、依頼を受けた指定の荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送するのが主な仕事です。 長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもしばしばあるでしょう。フォークリフト免許も所持している場合は、荷物の揚げ卸しを兼任する場合もあります。人間関係の煩わしさは比較的少ないかもしれませんが、長時間の運転に加え、重量のある荷物を運ぶのですから体力勝負の仕事と言えます。
小型トラックのドライバーは、大型・中型トラックで主要な都市から配送された荷物を、その都市から各エリアへ分配するのが主な仕事です。

普通免許で運転できるトラックの中でも、積載可重量の豊富さから大量の荷物を指定のルートへ配送する業務が多くあります。
集配所から集配所へのルート配送、宅配業務など、所属する運送会社によって業務内容は異なります。大型トラックのように、車内で睡眠をとることはあまりないかもしれませんが、短時間で複数の配達拠点へ配達しなければならない場合もあり、多忙な仕事と言えるでしょう。
今回は、このようなトラックドライバーの労災状況について詳しく見ていきましょう。

 

平成30年度のトラックドライバーの労災発生状況

トラックドライバー、すなわち陸上貨物運送事業に従事する死亡者数は、大幅に増加した前年より 35 人(25.5%)減少しましたが、死傷者数は、前年より 1,112 人(7.6%)増加し、3年連続の増加となりました。労働者死傷病報告による死傷者数が 15,000 人を超えたのは、平成20 年以来 10 年ぶりのことです。

 

陸上貨物運送事業 事故の型別 労働災害発生状況

事故の型別では、死亡災害では、「交通事故(道路)」が最も多いですが、近年は横ばい、わずかな増加となっています。近年増加している「墜落・転落」、「はさまれ・巻き込まれ」などの荷役作業時に発生する災害も昨年は減少したものの、熱中症等の「高温・低温物との接触」が大きく増加しています。

死傷災害では、「交通事故(道路)」は減少したものの、「墜落・転落」、「転倒」、「動作の反動・無理な動作」が増加しました。

陸上貨物運送事業では、死亡者数は前年を下回りましたが、死傷者数は3年連続で前年を上回りました。
平成 30 年は、輸送活動の大きさを示す貨物自動車の輸送トンキロ数が前年同様高い水準で推移しており、陸上貨物運送事業の需要の増加もあって、死傷災害が増加したと考えられます。

荷役作業時の災害を防止するため、厚生労働省は、陸運事業者と荷主等に対し、平成 25年に策定した「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」に則した取り組みをするよう働きかけ、また、荷役作業時の死亡災害の約8割を占める「墜落・転落」、「荷崩れ」、「フォークリフト使用時の事故」、「無人暴走」及び「トラック後退時の事故」を荷役5大災害と位置づけた重点的な取り組みを促しています。

ただ、上記のような結果を見ると、ガイドラインの意識が現場の隅々まで徹底されているとはいえず、ドライバー不足と需要の増加から現場のドライバーにしわ寄せが行ってしまう現状があります。
また、トラックドライバ―に関する労災事故は、作業中に突発的に起こる事故だけではなく、長時間労働等の理由から徐々に身体に負担をかけ、脳・心臓疾患になってしまうケースも多く、看過できません。

 

脳・心臓疾患の業種別請求、決定及び至急決定件数

トラック運転手の脳・心臓疾患事案の発症又は、精神疾患に係る要因は、拘束時間が長いことが最も多く、さらに早朝勤務、不規則な勤務と、勤務時間に無理を重ねることが挙げられています。これらの疾患により過労死してしまうケースも多々あります。

次回では、トラックドライバーの労災事例について見ていきたいと思います。