ブログ

労災認定

労災を後から申請することは可能か?手続きと気をつけるポイント

労災保険は、労働者の業務に起因する傷病を補償する公的保険です。労災保険による補償は、労働基準監督署への申請手続きを行うことで受けられます。 では、労災保険の補償申請はいつでもできるのでしょうか。退職した後から申請すること …

労災認定されたケガや病気が再発した場合、労災保険はもらえるのか?

事業主に雇用され働く人々は、労災保険による補償を受けられます。基本的に、労災によるケガや病気が治ゆすれば補償は打ち切られますが、もし一度治ゆした症状が再発した場合にはどうなるのでしょうか。補償は再度受けられるのでしょうか …

労災に健康保険を使った場合の手続き方法について

業務中や通勤中に負ったケガ(労災)は、労災保険による補償の対象です。 しかし、労災にもかかわらず、ケガの治療や薬の受け取り時に健康保険を使ってしまうケースが後を立ちません。 なぜ、労災の治療に健康保険は使えないのでしょう …

仕事中に骨折した場合、労災給付がもらえるのか?休業補償期間についても解説

危険な作業はもちろん、移動による転倒や落下物による事故など、多くの職場にはケガの危険性があります。仕事中の事故によって骨折してしまったという例も少なくはありません。 では、仕事中に骨折してしまった場合、事故にあった労働者 …

腱鞘炎でも労災になる?労災認定のポイントを解説

パソコンやタブレット、スマートフォンを使用した業務が一般的になった現代では、手指の酷使により腱鞘炎を発症する人が増えています。腱鞘炎は軽い疾病に思われやすいですが、痛みや痺れなどの辛い症状を伴います。 では、業務によって …

仕事中の怪我に労災を使わないことは可能か?

「工具で指を切った」「ファイルを棚から取ろうとして転倒した」など、労働者が仕事中に怪我を負った場合、通常は労災として、労災保険による補償給付を利用し療養を行います。 しかし、中にはさまざまな理由により「労災保険を使いたく …

通勤中の怪我に労災は使えるのか?通勤災害とは?

業務に起因して起こった事故による怪我は労災と呼ばれ、労災保険の補償対象になります。また、労災には大きく2種あり、それが通勤災害と業務災害です。 業務中の労災は業務災害にあたりますが、一方の通勤災害とはどのようなものなので …

労災を会社が認めない場合、どうすればいいか?

労働者が業務を起因とした事故で傷病を負うことを、労災と呼びます。そして、労災にあった労働者の治療費や生活費を補償するのが、労災保険です。 しかし、労災被害にあった労働者が労災保険による補償を申請したくても、会社が労災を認 …

会社で休憩中にケガをした、これは労災になるのか?

労働者が業務中や通勤中に負った傷病は、一定の基準を満たせば労災と認定され、労災保険による補償が受けられます。 では、労働者が業務の休憩中にケガをしてしまったら、労災と認められるのでしょうか。 今回は、労災の認定基準や事例 …

役員は労災保険の対象にならない!? 労災保険の適用範囲について

「仕事中に怪我を負い治療を受けた」「通勤中の交通事故で体を傷め、休業を余儀なくされた」など、従業員が業務によって怪我や病気を被った場合には、労災保険による補償が行われます。労災保険は、働く人の生活を守る重要な公的補償制度 …

1 2 3 5 »