ブログ

労災認定

会社で休憩中にケガをした、これは労災になるのか?

労働者が業務中や通勤中に負った傷病は、一定の基準を満たせば労災と認定され、労災保険による補償が受けられます。 では、労働者が業務の休憩中にケガをしてしまったら、労災と認められるのでしょうか。 今回は、労災の認定基準や事例 …

役員は労災保険の対象にならない!? 労災保険の適用範囲について

「仕事中に怪我を負い治療を受けた」「通勤中の交通事故で体を傷め、休業を余儀なくされた」など、従業員が業務によって怪我や病気を被った場合には、労災保険による補償が行われます。労災保険は、働く人の生活を守る重要な公的補償制度 …

在宅勤務(テレワーク)中のケガや病気は、労災になるのか?

2020年から流行した新型コロナウイルスの感染防止対策として、テレワークによる在宅勤務を導入する企業が増加しました。実際に、現在も在宅勤務を続けているという方は多いでしょう。 そこで気になるのが、在宅勤務中の労災の取り扱 …

うつ病も労災になる?認定基準、手続き、事例をご紹介

近年、うつ病を患う人は増加傾向にあります。中でも、過酷な労働環境やプレッシャー、人間関係のいざこざなどといった仕事に関する事象を原因に、うつ病になる人は少なくありません。 しかし、うつ病のような精神障害は、身体的なケガや …

労災のアフターケアについて、知っておこう!

労災保険による補償と聞くと、労災にあった場合の給付金を思い浮かべる方が多いでしょう。確かに労災保険では、労災により傷病を患った方に対し、症状に応じた給付を行います。 しかし、労災保険は給付を行うだけの制度ではありません。 …

労災保険に加入していない状態で、仕事中にケガをしたらどうすればいいか?

労働者が仕事中や出勤途中に怪我をした場合、また業務を起因とする病気を被った場合には、労災保険による補償を受けるのが一般的です。怪我や病気の治療費をはじめ、その傷病により休業を余儀なくされた場合には休業補償、障害が残った場 …

建設業の労災の仕組みについて

労災保険への加入は事業主に義務付けられており、ほぼ全ての労働者が労災保険の対象となっています。それは、一般業でも建設業でも変わりません。 しかし、建設業における労災の仕組みは一般業とは違う部分が多く、やや複雑な内容になっ …

労災が認められなかった場合、どうすればいいか?

労働中の事故による怪我は、毎年多くの職場で起こっています。労働者の怪我がひどく、仕事を休まなければならなくなったというケースも少なくはありません。そして、そんな労働中の怪我に対し、休業補償や治療費の補償などを行うのが労災 …

ボランティア中の事故や怪我は労災の対象になるのか?

通常の労働業務において起こった事故による怪我や病気は、労災と判断され、労災保険の対象となります。 では、ボランティアとして活動中に何らかの事故が起こり、怪我や病気を被った場合には、どのような扱いになるのでしょうか。通常の …

労災の症状固定・後遺障害について

社会には多様な職業があり、どんな職業であっても、勤務中や通勤中に事故に巻き込まれ、怪我や病気を負ってしまう可能性があります。このような業務を起因とする怪我や病気は「労災」と呼ばれ、療養中には症状に応じた労災保険からの補償 …

1 2 3 4 »