ブログ

労災認定

【労災(労働災害)】業務災害と通勤災害の違いとは?

業務災害と通勤災害の違いは、簡単に言うと「就業中の労災か、通勤中の労災か」という点にあります。 就業中の労災を業務災害、通勤中の労災を通勤災害と呼ぶのですね。 ただし、違いはそれだけではありません。労災と認められるための …

【介護職向け】労災になる?腰痛・利用者からの暴力・コロナ感染

少子高齢化が進むにつれ、介護職として働く方の社会における役割は、重要性を増しています。 とはいえ、介護職は体に負担がかかることが多く、人と間近で接することも多い職種です。腰痛やコロナ感染などのリスクは、他の職種に比べ高い …

仕事中にやけどをした場合、労災になる?やけど跡についても解説

働く人々が、業務中や通勤中に怪我を負った場合、それは労災と判断されます。労災の怪我や病気は、労災保険による補償を受けることが可能です。 業務中や通勤中に負う可能性のある怪我にはさまざまなものがありますが、作業現場や調理現 …

難聴は労災認定される?騒音性難聴と突発性難聴について解説

近年、難聴に苦しむ方は増加傾向にあると言われています。WHOのデータによると、世界では4億6,000万人以上の人が難聴の症状を持つとされています。 そんな難聴に苦しむ人の中には、業務によって難聴を発症したという人もいるで …

熱中症は労災になる?労災認定の要件と給付内容を解説

「業務で使用していた機械で腕を怪我した」「通勤中に事故にあって骨折した」このような場合の怪我は、労災と判断されます。 労災は、業務に起因する怪我や病気を指すものです。労災の怪我や病気は、労災保険の補償対象となります。 と …

労災の申請を労働基準監督署にする方法|申請できる怪我や病気、受け取れる給付も解説

業務中・通勤中の怪我や業務に起因する病気は労災(労働災害)であり、労災保険の補償対象となります。そして、労災保険の補償を受ける際に、被災労働者が請求手続きを行う先が、労働基準監督署です。 請求を受け、労働基準監督署が労災 …

労災認定とは?給付の種類、手続き方法、認定のポイントを解説

労災で怪我や病気を被った被災労働者は、労災保険からの給付を受け取ることができます。しかしそのためには、労災給付の請求手続きを行い、労災認定を受ける必要があります。手続きを行わなかったり労災認定を受けられなかったりすれば、 …

適応障害は労災認定されるのか?認定基準や事例を解説

適応障害は、心や行動が不安定になってしまう精神障害の一種です。その原因はさまざまですが、業務による心身の負担によって発症する例も少なくはありません。 業務に起因する精神障害は、怪我などと同じで、労災の対象になります。しか …

【2021年】過労死ラインの見直し内容を解説

現代社会では、過労死が深刻な問題となっています。 過労死の深刻化に伴い、2021年7月に「脳・心臓疾患の労災認定基準」が改正されました。その中では、過労死の重要な労災認定基準となる「過労死ライン」に関する事項の見直しも行 …

アルバイトでも労災は適用される|適用される・されないケースを解説

業務中にケガをした場合、ケガを負った従業員は労災保険による補償を受けることができます。日本では、従業員がどの会社や事業所で働いていても労災補償を受けられるよう、事業主に労災保険への加入を義務付けています。 では、正規雇用 …

1 2 3 6 »