ブログ

労災申請

労災が発生すると会社にはデメリット?考えられるケースを解説

業務中や通勤中に労働者が被った怪我・病気のことを、労災と呼びます。労災の傷病による療養や休業は労災保険の補償対象です。 しかし、労災保険については「労災が発生したことが労基署にわかったら、会社が不利益を被るのでは」と考え …

労災を会社が嫌がるのは、なぜ?労災隠しをされたら自分で労災申請を

日本では、業務中や通勤中に傷病を負った労働者の生活を守るため、公的保険制度として労災保険への加入が義務付けられています。労災に遭った被災労働者は、申請手続きにより、療養(補償)給付や休業(補償)給付などの労災保険による補 …

労災の申請に必要な書類|病院での治療や会社を休んだ場合に必要な様式を解説

業務中に怪我を負って労災保険の補償を受ける時には、被災労働者は労働基準監督署へ所定の書類を提出しなければなりません。 この書類は、どの給付金を申請するかによって様式や手続きの流れが異なります。万が一労災(労働災害)に遭っ …

労災の申請を労働基準監督署にする方法|申請できる怪我や病気、受け取れる給付も解説

業務中・通勤中の怪我や業務に起因する病気は労災(労働災害)であり、労災保険の補償対象となります。そして、労災保険の補償を受ける際に、被災労働者が請求手続きを行う先が、労働基準監督署です。 請求を受け、労働基準監督署が労災 …

ぎっくり腰は労災になる?腰痛の労災認定基準について

慢性的な腰痛やぎっくり腰など、腰痛に悩む現代人は少なくありません。中には専門的な治療を受けなければ耐えられないというような痛みを抱えている人もいるのではないでしょうか。 もしその腰痛が業務を原因とするものなら、労災保険に …

労災を後から申請することは可能か?手続きと気をつけるポイント

労災保険は、労働者の業務に起因する傷病を補償する公的保険です。労災保険による補償は、労働基準監督署への申請手続きを行うことで受けられます。 では、労災保険の補償申請はいつでもできるのでしょうか。退職した後から申請すること …

労災認定されたケガや病気が再発した場合、労災保険はもらえるのか?

事業主に雇用され働く人々は、労災保険による補償を受けられます。基本的に、労災によるケガや病気が治ゆすれば補償は打ち切られますが、もし一度治ゆした症状が再発した場合にはどうなるのでしょうか。補償は再度受けられるのでしょうか …

労災に健康保険を使った場合の手続き方法について

業務中や通勤中に負ったケガ(労災)は、労災保険による補償の対象です。 しかし、労災にもかかわらず、ケガの治療や薬の受け取り時に健康保険を使ってしまうケースが後を立ちません。 なぜ、労災の治療に健康保険は使えないのでしょう …

仕事中に骨折した場合、労災給付がもらえるのか?休業補償期間についても解説

危険な作業はもちろん、移動による転倒や落下物による事故など、多くの職場にはケガの危険性があります。仕事中の事故によって骨折してしまったという例も少なくはありません。 では、仕事中に骨折してしまった場合、事故にあった労働者 …

腱鞘炎でも労災になる?労災認定のポイントを解説

パソコンやタブレット、スマートフォンを使用した業務が一般的になった現代では、手指の酷使により腱鞘炎を発症する人が増えています。腱鞘炎は軽い疾病に思われやすいですが、痛みや痺れなどの辛い症状を伴います。 では、業務によって …

1 2 3 6 »