ブログ

手続き

労災事故に警察が介入するケースはある?労働者が知っておくべき解決までの流れを解説

業務に関連した事故によって労働者が負った傷病を「労働災害(労災)」と呼びます。 労災については、基本的に労働基準監督署がその管理を行います。労災申請を受けて調査し、労災認定・非認定を決定し、労災補償を支給するのは労基署の …

【労働者向け】労災隠しはなぜばれる?会社の罰則と労働者が取るべき行動を解説

労災が起きた場合、事業主は「労働者死傷病報告」を労働基準監督署に提出する義務があります。 にも関わらず、企業(事業主)が自社で起こった労働災害を隠そうとすることを、「労災隠し」と呼びます。 労災隠しは犯罪です。労災隠しを …

【ケース別】労災で受診した場合の支払い方法|労災指定病院とは?

労働災害によるケガや病気は、労災指定病院で治療を受けるのが一般的です。労災指定病院で治療を受けることで、医療費の支払いや労災保険請求の手続きにかかる手間を軽減できるためです。傷病を負った被災労働者にとって、手続きの手間が …

自己都合で退職した後も労災保険を受給できる?転職したらどうなる?

労災によってケガや病気を負った労働者は、労災保険による補償を受けることができます。労災保険は労働者の万が一の傷病に備える保険。その保険料は所属する会社が全額支払っています。 では、この労災保険給付は、労災時に所属していた …

労災に強い弁護士の選び方を徹底解説!

労災事故については、会社との間でトラブルに発展する例がよく見られます。 例えば、「会社が労災を認めようとしない」「労災を申請したら会社で不当な扱いを受けるようになった」など。 また、労災の発生について会社側や第三者に責任 …

労災で死亡した場合の手続きは?給付金・損害賠償請求等を解説

業務に起因した事故による労働者の傷病や死亡は、労働災害(労災)と呼ばれます。この被害に遭った労働者は、労災保険による補償を受けられまた、労働者自身が死亡した時には、補償は遺族に対して行われます。 では、労働者の死亡にあた …

労災は社労士か弁護士かどちらに相談するべき?役割の違いとそれぞれのメリットを解説

労働災害(労災)についての相談を受け付ける専門家としては、社労士(社会保険労務士)と弁護士の2種類が挙げられます。これらは、被災労働者の相談を受け、労災関連のさまざまな手続きの代行やサポートを行う職業です。 では、労災に …

なぜ労災は弁護士に相談するべき?弁護士に依頼するメリットを解説

労災事故が発生した時には、弁護士への相談を検討する必要があります。なぜなら、労災の発生にあたっては、法律の絡むさまざまな手続きが発生するためです。 弁護士のサポートを受けることは、労災に遭った労働者にとっても、労働者を雇 …

労災の後遺障害を申請するには?適切な等級認定を受けるためのポイント等を解説

労災事故に遭って身体に後遺障害が残った場合、被災労働者は労災保険の障害(補償)給付を受け取ることができます。給付内容は後遺障害等級によって異なるため、十分な補償を受けるためには、症状に合った適切な等級認定を受けることが大 …

労災で会社を訴えたい!損害賠償請求についてわかりやすく解説

業務に起因して起こった事故による傷病や死亡を、労災と呼びます。 労災に遭った場合、労働者は労災保険から補償を受けますが、それとは別に会社を訴えて損害賠償を請求することも可能です。 では、会社を訴えることができるのはどのよ …

1 2 3 6 »