ブログ

手続き

労災に自己負担はあるのか?自己負担の可能性があるものと立て替えた労災費用について解説

「万が一、業務中や通勤中にケガを負った時、その医療費はどれくらい補償されるのだろうか」「自己負担はあるのだろうか」と不安に思ったことはありませんか。 労災によるケガや病気の医療費は、基本的に労災保険から補償されますが、そ …

【労働者向け】労災保険の加入条件と加入対象者を解説します

労災保険は、業務に起因する傷病や通勤中の怪我を負った労働者に対し、補償として給付金の支給を行う公的保険制度です。 例えば、仕事中に怪我をして治療が必要になったり、通勤中の事故による怪我で休業を余儀なくされたりした場合の治 …

労災の「受任者払い制度」とは?その利用方法と休業給付の計算方法

労災保険には、「受任者払い制度」というものがあります。これは、労災に遭った労働者の生活を支えるための制度です。労働者は希望に応じて手続きを行うことで、受任者払い制度を利用することができます。 今回は、受任者払い制度はどの …

労災の申請に必要な書類|病院での治療や会社を休んだ場合に必要な様式を解説

業務中に怪我を負って労災保険の補償を受ける時には、被災労働者は労働基準監督署へ所定の書類を提出しなければなりません。 この書類は、どの給付金を申請するかによって様式や手続きの流れが異なります。万が一労災(労働災害)に遭っ …

労災認定とは?給付の種類、手続き方法、認定のポイントを解説

労災で怪我や病気を被った被災労働者は、労災保険からの給付を受け取ることができます。しかしそのためには、労災給付の請求手続きを行い、労災認定を受ける必要があります。手続きを行わなかったり労災認定を受けられなかったりすれば、 …

労災を後から申請することは可能か?手続きと気をつけるポイント

労災保険は、労働者の業務に起因する傷病を補償する公的保険です。労災保険による補償は、労働基準監督署への申請手続きを行うことで受けられます。 では、労災保険の補償申請はいつでもできるのでしょうか。退職した後から申請すること …

労災に健康保険を使った場合の手続き方法について

業務中や通勤中に負ったケガ(労災)は、労災保険による補償の対象です。 しかし、労災にもかかわらず、ケガの治療や薬の受け取り時に健康保険を使ってしまうケースが後を立ちません。 なぜ、労災の治療に健康保険は使えないのでしょう …

仕事中の怪我に労災を使わないことは可能か?

「工具で指を切った」「ファイルを棚から取ろうとして転倒した」など、労働者が仕事中に怪我を負った場合、通常は労災として、労災保険による補償給付を利用し療養を行います。 しかし、中にはさまざまな理由により「労災保険を使いたく …

労災申請の期限はいつまで?給付別に期限を解説

労働者が労災に遭った場合、労災保険による症状に応じた給付が受けられます。 労災保険からの給付を受けるためには、労働者が各給付に対する申請手続きを行わなければなりません。そして、この申請手続きには、給付ごとに期限(時効)が …

労災申請に診断書は必要?費用負担についても解説

労災保険の給付金請求にあたっては、医師の診断書や証明が必要になる場合があります。 診断書発行や証明記入には費用がかかりますが、この費用は誰が負担するのでしょうか。また、診断書・証明が必要になるのはどんなケースなのでしょう …

1 2 3 4 »