ブログ

労災認定

自殺の労災認定について

労災といえば、業務によって被った怪我や病気を指します。しかし、怪我や病気だけはなく、中には労働者が労災により死亡してしまうケースもあります。 そして、労災による死亡例のひとつとして挙げられるのが、過労死や過労自殺です。 …

労災で休んでいる従業員は解雇できない?

業務を起因とする事故や病気は、「労災」と呼ばれます。そして、労災にあった従業員は、症状に応じて休業し、休業補償を受けることが可能です。 では、休業中の従業員を、会社側が解雇することはあるのでしょうか? 実は、労災によって …

第三者行為による労災。社員同士の事故、相手が不明の場合

仕事を起因とした労働者の怪我や病気は、労災(労働災害)と呼ばれます。労災による療養や休職が、基本的に労災保険(労働者災害補償保険)の補償対象になることは、皆さんご存知でしょう。 では、同じ労災であっても、ある第三者によっ …

仕事中に事故の加害者に!労災の求償とは?

業務を起因として起こった事故により、怪我や病気になることを、労災(労働災害)と呼びます。そして、労災による被災労働者は、労働保険(労働者災害補償保険)による補償を受けられます。このことは、多くの人がご存知でしょう。 しか …

知っておこう!パートにも労災保険が適用される

日本では、労災により毎年12万人以上の労働者が死傷しています。そして、その業種は建設業や製造業といった危険作業を要するものだけではありません。飲食業や小売業など、幅広い業種で労災は起こっているのです。 このように、身近に …

労災がおりる?おりない?認定されるには、労災をどこに相談するか?

1.そもそも労災とは 「労災」とは労働災害の略で、事業に関し労働者として働いたことが原因となり発生した災害を言います。 そして、労災に当たると認定されると、労災保険(労働者災害補償保険)に基づき様々な給付金が国から支給さ …

労災で損害賠償請求、請求の方法など

仕事中に怪我をすると、①労災補償金と②賠償金の2種類をもらえる可能性があります。 労災保険から労災補償金をきちんともらえていますか? 会社から労災補償金では補填されない部分の賠償金をもらえていますか? 今回は、労災事故に …

腰痛が労災認定されるには?その事例

腰痛は、もはや国民病ともいえる病気で、日本の5人に1人は腰痛持ちであるとか、責任世代にさしかかる30代40代においては約7割が腰痛に悩まされているデータがあります。 厚生労働省では、労働者に発生した腰痛が業務上のものとし …

トラックドライバーの労災状況とその事例

トラックドライバーと一言で言っても、トラックの大きさ、運ぶ荷物の内容、資格取得の有無によって、その仕事内容は様々です。 ここでは、事例も含めて以下にまとめましたので詳しく見ていきましょう。 大型、中型トラックのドライバー …

内縁の妻は遺族補償年金を受給できるか?

労災事故が原因で亡くなった労働者の遺族には、遺族補償給付が支給され、遺族補償給付には、遺族補償年金と遺族補償一時金の2種類があります。そして、遺族補償年金は、「受給資格者」のうち最先順位者(受給権者)に対して支給されます …

« 1 2 3 4 »